自動車保険 安い

自動車保険 安い保険料にするためには

image

自動車保険 安い保険料にしたい方必見です!!

 

自動車保険って事故を起こさない限り特に必要はないものですよね。
でも、万が一の時のためにしっかりとした補償で備えておくのは運転する者としては絶対に必要です。

 

しっかりとした備えをするとなると、どうしても自動車保険の保険料って高額になってしまいます。

 

そこで、毎月の自動車保険料の支払いを少しでも安くしたいと思っている人のために、
保険料を安くするためのポイントを挙げていきたいと思います。

 

 

車両保険を見直して安くする

車両保険は主に「上級タイプ」「一般タイプ」「エコノミータイプ」があり、低年式車(古い車)や車両自体の価値が高くない場合には、
エコノミーを選ぶことで保険料は安くなります。

 

さらに言うと、車両保険を無くしてしまえばかなり保険料は安くなりますが、単独事故を起こした場合の修理費は100%自己負担になるので、自腹でも良いと思う人なら大丈夫です。
車対車の事故の場合は、お互いの過失割合で違ってきます。

 

 

免責金額を見直して安くする

保険会社がその責を免れる金額のことを免責金額と言います。

 

車両保険に免責金額を設定することで保険料を安くすることができます。

例を挙げると、

 

・1回目0円-2回目10万円(免ゼロ特約)
・1回目5万円−2回目10万円
・1回目10万円−2回目10万円

 

これだと一番上の免ゼロ特約が付いたものが最も保険料が高額になります。

 

実際に事故を起こしてしまった場合の例はというと、

 

免責金額が5万円の場合は・・・
事故を起こし15万円分の修理代が必要な場合、5万円の免責金額を払うだけで残りの10万円分は保険会社から支払われます。

 

あまり自損事故を起こさない人であれば、免責金額を高めに設定することで、保険料を抑えることができます。

 

 

運転者限定条件を見直して安くする

運転する人を限定することで保険料を安くすることができます。

 

契約者本人以外運転しない場合だと、かなり節約が可能になりますよ。

 

例を挙げると、

 

・限定条件なし
・家族のみ限定
・夫婦のみ限定
・本人のみ限定

 

この場合だと一番上の誰の運転でも保険適用になる「限定条件なし」が一番保険料が高額に、一番下の「本人のみ限定」だと保険料が大幅に割安になります。

 

契約時は子供が運転する時があったけど、結婚等で今は運転しないといった場合には見直すことをおススメします。

 

当たり前ですが、限定条件以外の人が運転した場合には保険金を支払ってもらえないので気を付けてくださいね。

 

 

年齢条件を見直して安くする

年齢条件の区分は保険会社によって違いがあり、1歳刻みで設定できるところもあります。
年齢が高くなるほど保険料が安くなるので、出来るだけ細かく刻める設定がある保険会社がオススメです。

 

また、「30歳以上」になると、そこからは保険料が安くならない会社がほとんどでしたが、
最近では30歳以上から10歳刻みで安くなっていくという保険会社ができ話題になっています。

 

なので、

30歳以上の方は、このような年齢区分が設定されている保険会社を選べば、保険料がさらに安くなりますよ。

 

 

走行距離を見直して安くする

近所のスーパーの買い物くらいにしか車を利用しない場合など、普段あまり走らないという人は、
保険会社によっては年間走行距離によって割引があるところがあるので、そういった所を選ぶといいでしょう。

 

この時、

走行距離が少ない人は「10000km以上15000km未満」という大きな区分より、

「3000km以上4000km未満」のような区分が細かい保険会社を選ぶようにした方が良いでしょう。

 

 

一括見積で安い保険会社に切り替える

今現在加入している保険会社で様々な条件を付け既に最安値になっている場合には、
他社の自動車保険と比較することをおススメします。

 

今では各保険会社がそれぞれオリジナルのサービスや条件を設定しているので、
保険会社を変えることにより、大幅に保険料を安くすることができるんです。
特に、長い間同じ保険会社を契約し続けている人は保険会社を変えることでビックリするくらい安くなる場合が多いです。

 

でも、自分で一つ一つの保険会社の特徴を調べるのは時間も必要ですし、
保険に関する色々な知識がないと良く分からないのではないかと思います。

 

そこでオススメなのが自動車保険一括見積サイト『保険スクエアbang!』

 

image

image

 

ここなら現在の自動車保険の条件を入力することで、最大20社もの見積もりを一括で取ることができるので、
あなたに最適な条件や保険料の保険会社を絶対に見つけることができますよ。

 

もちろん利用は無料でできるので、気軽にお申込みしてみてください。
申し込みの際には、お手元に現在契約中の保険証書があればスムーズにできますので、ご用意をお願いします。

 

 

保険スクエアbang!


自動車保険の最近の値上げ事情

phot

ここ数年で自動車保険の保険料はぐんぐんと値上げされています。
自動車を維持管理するには保険料以外にも、車検やガソリン等多額の経費がかかるので、
加入者からすれば迷惑な話です。

 

しかし、自動車保険の保険料が値上げされていることにも訳があります。
それは徴収する保険料は減っているのに、支払う保険金が年々増加しているからです。
都心では若者の車離れが激しくなっているため、新規の自動車保険の加入者が頭打ちとなっています。
その代わりに、保険料の安い高齢加入者が増加しているのです。自動車保険は保険を使わなければ、保険料が段々と安くなります。
高齢で一番等級の高い20等級の加入者は平均で60%強の割引が効いているわけです。

 

保険料が低い=事故が少ないと、これまではみなされていたのですが、この数年で高齢者の事故が激増しました。
保険料が低い高齢者の事故が多発すると、保険会社は支払う保険金が増えますよね。
保険料が高い若者の事故もあることにはあるのですが、保険料が高い分ちゃんと採算がとれていたのですが、
高齢者の保険料の安さでは、その多発した事故の保険金を支払うことができなくなった、という訳です。
また不景気により、事故の被害者が通院を長引かせていること、車の修理費が高額になっていることも
保険料引き上げの原因となっています。
このように、保険金の支払いが増大したために、保険料の値上げをせざるを得ないのです。


自賠責保険だけではなく任意保険が必要な理由とは

phot

自動車を運転する以上は自動車保険には加入しておかなくてはなりません。
しかし一部の方は自動車保険に加入をしないまま運転をしています。
こうした方たちの言い分は強制保険である自賠責保険に加入している。ということです。
果たして、自賠責保険で全ての事故に対処することは可能でしょうか。
自賠責保険とはどのような保険でしょうか。

 

自賠責保険とは、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といいます。
ご存知の通り法律で加入が義務付けられた保険で、
この保険に加入していない自動車は運転をすると法律で決められた罰則が適用されます。

 

自賠責保険の目的は自動車事故被害者を保護することにあります。
そのため、補償内容はいわゆる対人賠償に特化しています。
自賠責保険ではご自身の車・ケガ・対物に対する補償は一切受けられません。

 

対人賠償に関する補償も障害の場合で120万円、死亡の場合で3000万円、
後遺障害の場合で3000万円(常時介護が必要な場合は4000万円)のみです。
大きな金額に見えますが、人身事故を起こした場合、限度額を超えることが頻繁に起こります。
特に最近では賠償額が高額になる傾向にあります。
1回の事故で1億円を超える場合も珍しくないので、被害者を保護するために最低限必要な限度額と考える必要があります。
この限度額を超えた額は全額自己負担による賠償となります。

 

任意加入の自動車保険は負担しきれない自己負担部分を補償する保険です。
そのため、自動車保険に加入しておけば、自賠責保険でまかないきれない部分をカバーすることが可能です。
被害者を守る意味でも運転するドライバーを守る意味でも自動車保険には加入をしなければならないといわれているのは
このような理由があります。

 

強制保険である自賠責保険に加入をしていると、自動車保険に加入していると錯覚を起こしてしまいますが
保障の範囲は限定的です。
自賠責保険の補償の範囲を理解して自動車保険に加入するようにしましょう。


自賠責保険と任意保険の違いとは

phot

自賠責保険と任意保険、よく耳にしますが意外とその差は知られていません。
まず自賠責保険とは何か、というと、車検の時に強制的に加入している政府の保険です。
一応民間の保険会社が売り出していることになっていますが、法律で加入が義務付けられていますので、
その補償内容は全国一律となっています。

 

自賠責保険は、自動車の運行によって他人に怪我をさせてしまった場合、その賠償金を支払う保険です。
それでは任意保険の対人保険と同じではないか?と思われるかもしれませんが、違います。
自賠責保険の場合は、後遺障害の発生しない怪我の場合は支払われる保険金が120万円が限度となっているのです。
また任意保険とは異なり、請求の手続きや書類の取り付け等の煩雑な事務処理を全部自分で行わなければなりません。
加害者が行うこともありますが、加害者がやってくれなければ、怪我をした被害者が直接やらなければならないのです。
では任意保険とは何か、というと、対人賠償保険については、自賠責保険の上乗せ保険となります。
自賠責保険で補償されない120万円を超過した部分が、任意保険から支払われるのです。
任意保険に加入していれば、面倒な自賠責保険の請求手続きも、代行してくれます。
また、自賠責保険には対人賠償以外の補償は一切ありませんが、
任意保険には、その他、相手の車、物、自身の怪我等さまざまな補償があります。


自動車保険の等級とは

phot

自動車保険には等級という仕組みがあります。
一般的には初めて保険に加入すると6等級という等級からスタートをして、事故がなければ毎年1等級ずつ上がっていきます。
そして、最終的には20等級となります。この等級ごとに保険料の割引率が設定されています。
最高の20等級となれば保険料の割引率は平均61%割引と、かなりお安くなる訳です。

 

しかし、1度事故をすると等級は一気に3等級下がってしまいます。
要は、事故をしない人はは格安保険料、事故をした人は割高保険料、ということになっているのです。
例えば11等級だった人は8等級となってしまいます。着々と安くなっていた保険料がまた少し高くなってしまうのです。
しかも、事故をした場合の8等級と、事故をしない場合の8等級では保険料が異なります。
どういうことかというと、事故をすると、等級が低くなるだけではなく、「事故有係数」という割高なモノにされてしまうのです。
これは、3等級ダウン事故の場合、3年間適用されます。1等級ダウン事故の場合は1年です。
この定められた期間、事故がなければはれて事故なしの割安等級に戻れるのです。
ですので事故をしてしまった場合は、支払われる保険金と高くなる保険料を天秤にかけてお得なほうを選択するようにしましょう。
保険金が支払われる直前に、保険を使用するかどうか決めても大丈夫ですので、保険会社に相談してみるといいでしょう。


自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 自動車 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い 安い

 

http://www.komfortdialogu.com/ http://www.lenonglutene.com/ http://www.majnoun-film.com/ http://www.nakunlv.org/ http://www.napgallery.com/ http://www.pourvoirietapani.com/ http://www.scottbenson4rep.com/ http://www.steffkoeppen.com/ http://www.tessell4te.net/ http://www.wwrf29.com/ http://www.zetadanee.com/ http://www.hqwallpapersz.com/ http://www.odystoy.com/ http://www.touchbay.com/ http://money-making-opportunity-online.info/ http://www.longhuilong.com/ http://www.fkihdaoud.com/ http://www.cancercommunity.info/ http://www.enamoradas.info/ http://www.sportcargalaxy.com/